コース要綱

2017演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ(渡部美由紀)

[講義基本情報]

教員: 渡部美由紀
その他の教員: -
科目種別: 演習
開講時期: 通年
対象年次: 2年 3年 4年
開講時限: 火5
単位数: 4
必修の有無:
教室:

 

講義概要 本演習では、民事訴訟法の基本構造について学習した後、その解釈上の重要論点等について、判例や論文等を素材に検討していきます(前期は民事訴訟法の基本構造について学習し、後期は重要論点について検討する予定)。
 基本的には、毎回、報告担当者を決めて報告してもらい、それに基づいて全員で討論する形式で行いますが、模擬裁判形式やディベート形式での議論も考えています。具体的には、受講者と相談のうえで決定します。

到達目標 民事手続法の専門的基礎知識の習得,問題に対して総合的に判断した上で自分なりの解決策を提示することができること、他の受講者との議論を通じて法的思考能力が磨かれることを期待します。

教科書 適宜指示します。

参考書・参考資料 適宜指示します。

成績評価方法 報告、討論への参加等の平常点によります。
履修条件 特にありませんが、民法や商法を受講していることが望ましいです。

その他の注意 受講者には、民事訴訟法に関する事前の専門的知識は特に要求しません。しかし、ただ「聞いているだけ」「そこにいるだけ」ではなく、積極的に議論に参加することを求めます。「演習中一度も口を開かずに終わってしまった」とか「何をしているのかさっぱりわからない」というのでは、せっかくの演習の時間がムダになってしまいます。充実した演習にするためには、受講者の主体的・意欲的な参加が不可欠であることを意識してください。昨年度から九州大学民事訴訟法ゼミとの合同ゼミを行っています。それについても積極的な参加を期待します。

 

テーマ 講義内容 授業時間外の学修活動 関連ページ
         

 

Assignments Summary:

日付 詳細