コース要綱

2016 特殊講義・テーマ研究基礎演習
[講義基本情報]

教員: 丸山絵美子
その他の教員: 水島、田村、中野、宮木、学生のゼミ指導教員、ゲスト教員
科目種別:
開講時期: 後期
対象年次: 2年3年4年
開講時限: 水曜6限2単位
単位数: 2
必修の有無:
教室: 法学部905教室

 

【講義概要】

この演習の目的は、研究論文とはどのようなものなのか、テーマ設定や論述の仕方を知り、研究活動について具体的なイメージを形成することにある。また、議論に積極的に参加することで法学および政治学の面白さを知ることにある。後半に予定される学生プレゼンの準備を通じて、文献検索、レポート作成の作法も学ぶ。

具体的な内容は、法学政治学において興味深い論文が取り上げられ、ゲスト教員が報告し、ゲストコメンテーター教員のコメントをする。そして、論文を読んできた学生が議論に参加する。

次に、学生は、自らが興味をもつテーマについて、プレゼンを行う。プレゼンの方法については、TA(大学院生)が、文献探索の方法、パワポの作成の仕方、レポートの書き方、脚注のつけかたなどベーシックなプレゼンやレポートの作法を伝授してくれる。

学生の報告の回には、テーマに応じて、ゼミの教員など専任教員がゲストコメンテーターとして参加する。

 

 

※なお、この講義は、前期に用紙の提出による参加申込受付が行われている科目です。受講についてご不明な点は、教務または上記担当教員にお問い合わせください。 

【成績評価】出席、議論への参加、プレゼン、レポートで総合評価する。

対象論文は法学図書室で収集する。

テーマ 講義内容 授業時間外の学修活動 関連ページ
1

ガイダンス

10月4日

講義概要の説明 自習室案内など

2

ディスカッションの準備

10月11日

 ガイダンスまでにアップされる資料などに基づく準備を行う

 

3

ディスカッション①

10月18日

 

 政治系テーマについて教員プレゼンによる討論会を予定

 担当教員武田宏子先生 田村哲樹先生

 

 ページに掲載の参考文献および指定の資料を収集し予習のうえ、討論に参加のこと。

 

 

4

ディスカッション②

10月25日

 

 憲法+社会保障法関連テーマについて教員プレゼンによる討論会を予定

 「遺族年金制度」

担当教員大河内美紀先生 中野妙子先生

 

 ページに掲載の参考文献および指定の資料を収集し予習のうえ、討論に参加のこと。

5

ディスカッション③

11月1日

 民法+労働法関連テーマについて教員プレゼンによる討論会を予定

「定型約款と就業規則」

 担当教員 松田貴文先生 早津裕貴先生

 ページに掲載の参考文献および指定の資料を収集し予習のうえ、討論に参加のこと。

6

レポート・プレゼン指導

11月8日

 大学院博士課程 本部さんの講義

 

 

 

 

 

 

7

レポート・プレゼン指導

 11月15日

 4年生から新規受講者への助言

8

継続3年生による報告

11月22日 

  杉浦さんの報告(田村ゼミ)
9

継続3年生による報告

12月6日

  久野さんの報告(宮木ゼミ)

  平野さんの報告(渡部ゼミ)

10

新規学生報告

12月13日

報告者:土井さん(田村ゼミ),長野君(増田ゼミ)

11

新規学生報告

12月20日

報告者:森さん(鈴木ゼミ),鈴木君(和田ゼミ)

12

新規学生報告

1月10日

 

報告者:小林さん(丸山ゼミ),牛田さん(横溝ゼミ)

13

新規学生報告

1月17日

 

報告者:相田君,近藤君(ともに松尾ゼミ)

14
15

 ※本コースにメンバー登録を希望する学生は下記URLにアクセスしてください。名大IDとパスワードで認証し、「コースへの登録」ボタンをクリックします。

https://canvas.law.nagoya-u.ac.jp/enroll/LKWD9X

Assignments Summary:

日付 詳細