コース要綱

2016特殊講義(特殊講義(中国法・政治入門Ⅰ)

[講義基本情報]

教員: 宇田川 幸則
その他の教員: 藩 芳芳
科目種別: 講義
開講時期: Ⅰ期
対象年次: 1年生
開講時限: 集中
単位数: 2.0
必修の有無:
教室:

 

講義概要 キャンパス・アジアプログラムに参加する学生のための中国の法と政治に関する入門講義である。
到達目標 現代中国法の歴史的経緯をおさえて、法体系についての概略とその特徴的性格を理解することを目指す。副次的に、中国について法の側面から理解を深める。
教科書 『現代中国法入門(第6版)』/木間・鈴木・高見澤・宇田川(有斐閣、2012年)
参考書・参考資料 適宜指示する。
成績評価方法 出席 40% 宿題 30% 筆記試験 30%
履修条件 キャンパス・アジア事前教育参加学生および長期留学修了生
その他の注意

 

 

テーマ 講義内容 授業時間外の学修活動 関連ページ
1 イントロダクション
2 現代中国法の歴史 現代中国法の歴史を習得
3 憲法(1) 憲法の展開、国家構造の基本原理に関する知識を習得
4 憲法(2) 国民の基本的権利と義務、国家機構、法規範の体系に関する知識を習得
5 民法(1)・総論 民法の沿革、基本原則、民事主体、法律行為時効に関する知識及び特徴を習得
6 民法(2)・物権法 物権総論、占有、所有権、用益物権に関する知識及び特徴を習得
7 民法(3)・契約法 契約法の沿革、基本原理、契約の成立、契約の効力、契約の履行に関する知識及び特徴を習得
8 民法(4)・不法行為法 不法行為法の適用範囲、帰責原則、責任の負担方式および特殊な不法行為に関する知識及び特徴を習得
9 民法(5)・家族法 婚姻制度、計画出産制度、親子、相続制度に関する知識及び特徴を習得
10 企業法・会社法 会社法、企業法、保険法に関する知識及び特徴を習得
11 労働法 労働制度を理解し、労働契約法、労働紛争処理制度に関する知識及び特徴を習得
12 社会と法 社会保障システムの現状を理解し、社会保険法、生活保護法に関する知識及び特徴を習得
13 刑法 刑法の沿革、任務、基本原則、適用範囲、犯罪と刑事責任、刑罰に関する知識及び特徴を習得
14 行政法 行政法の沿革、公務員制度、行政許可法、行政救済制度に関する知識及び特徴を習得
15 中国法の調べ方 中国法の調べ方を把握

 

Assignments Summary:

日付 詳細