コース要綱

2017特殊講義(キャンパスアセアン法政実習)]

[講義基本情報]

教員: 佐藤史人 SATO Fumito
その他の教員: -
科目種別: 実習
開講時期: Ⅳ期 Ⅵ期 Ⅷ期
対象年次: 2年 3年 4年
開講時限: -
単位数: 2.0
必修の有無:
教室: -

 

講義概要 本講義は、CampusASEANプログラムの下に実施する、いわゆる「インターンシップ」である。日本またはアセアン各国の企業、地方公共団体・中央官庁、弁護士事務所、司法書士事務所、NPO・NGO、マスコミ、国際関係機関、議員事務所などの現場における就業体験(原則として合計2週間、実働1日8時間×10日、例外もありうるので相談すること)をする。
到達目標 就業体験を通じて、学部の講義などで得た知識を確認するとともに、現実に生起する問題を肌で感じ、今後の学修の方針を自ら明確にし、将来の進路発見の機会とすることを目標とする。
教科書 個人情報保護などの事前学習において、課題文献を指定する。またそれらに関する事前講義を受講すること。
インターンシップ受け入れ先から課題が出されることもあるので、適宜指示に従うこと。
参考書・参考資料 事前学習において、課題文献を指定することがある。
成績評価方法 成績評価方法
合否による。事前学習、実習、事後報告会等の履修状況を踏まえて評価する。
履修条件 CampusASEANプログラムの参加学生であること。
その他の注意 実習日誌を毎日を書くこと。
終了後に報告書を書くこと。
インターンシップ先から評定書を作成してもらうこと。
その他、プログラム担当教員等からの指示に従うこと。

 

テーマ 講義内容 授業時間外の学修活動 関連ページ
         

 

Assignments Summary:

日付 詳細