コース要綱

[講義基本情報]

教員: 今井克典
その他の教員: -
科目種別: 講義
開講時期: VI期 VIII期
対象年次: 3年 4年
開講時限: 木4
単位数: 2
必修の有無:
教室: -

 

講義概要  企業にかかる実践的・具体的な問題を採り上げて考察する。考察を通じて、企業法の基礎理論を確認し、その上で、経済活動への企業法の基礎理論の応用について検討する。
到達目標 (1)企業法の基礎理論を理解することができる。
(2)経済活動における企業法上の問題を抽出することができる。
教科書 (1) 伊藤靖史ほか『事例で考える会社法〔第2版〕』(2015年、有斐閣)
(2) 講義において指示する資料
参考書・参考資料  教科書が引用している資料および講義において指示する資料
成績評価方法 討論への参加内容:50%
定期試験:50%
*5回以上の欠席により、成績評価においては「欠席」として扱う。
*受講者数等の事情により、より適切な成績評価方法があると認める場合には、総受講者の同意を得て、成績評価方法を変更することがある。
履修条件  商法Ⅰ(企業取引法)および商法Ⅱ(企業組織法)を履修済みであること、または、履修済みと同様の理解力を有すること。
 特殊講義(商法応用Ⅰ)と特殊講義(商法応用Ⅱ)とは、どちらを先(後)に受講しても構わない。商法応用Ⅰは、会社法の理解を深めることを、また、商法応用Ⅱは、会社法を含む企業法全般の基本的な理解を拡げることを念頭においている。
その他の注意 1.少人数の講義となることが予想される。双方向型または多方向型の授業を行います。各回の講義に出席するには、一定の予習が必要です。
2.講義計画の記載は、「ページ」にあります。以下のURLで登録すると、講義計画を参照することができます。なお、ここでの登録は、講義計画を参照するための登録であり、本講義の受講の登録ではありません。講義計画を参照した上で、受講するか否かを判断してください。https://canvas.law.nagoya-u.ac.jp/enroll/GP6DCY

 

テーマ 講義内容 授業時間外の学修活動 関連ページ
1  「ページ」参照
2
3
4
5  
6
7
8  
9
10
11
12
13
14

Assignments Summary:

日付 詳細