コース要綱

2017国際政治学

[講義基本情報]

教員: 勝間田 弘
その他の教員: -
科目種別: 講義
開講時期: 集中
対象年次: 3年
開講時限: 9月21日(木)1~4限,
9月22日(金)1~4限,
9月25日(月)1~5限,
9月26日(火)1~4限,
9月27日(水)1~4限,
9月28日(木)1~4限,
9月29日(金)1~5限
単位数: 4
必修の有無:
教室: -

 

講義概要  この集中講義の目的は、国際政治学の知識を学ぶことにある。とくに、社会科学のさまざまな分析視点から、世界の動きについての理解を深めることにある。今日の世界では国家間の争いが続いているが、それと同時に、さまざまな分野における国際協力の動きも進んでいる。この集中講義では、専門的な分析視点を分かりやすく解説し、それらを使うと世界の何が見えてくるのかを明らかにする。
到達目標 - 国際関係論の基礎となる概念や理論を学ぶこと
- 独自の視点で世界の動きについて論じられるようになること
- 複数の視点からグローバル社会を捉えるスキルを習得すること
教科書  集中講義には時間的な制約があるため、必読の教科書や参考書は指定しない。
参考書・参考資料

 下記は、入門レベルの参考文献である。国際政治学について詳しく学びたい場合は、これらからスタートするとよい。

 小和田恒・山影進『国際関係論』放送大学教育振興会, 2002年. 
 加藤秀治郎・渡邊啓貴編『国際政治の基礎知識』芦書房, 2002年.
 黒澤満編『国際関係入門 ――共生の観点から』東信堂, 2011年.
 高柳先男『戦争を知るための平和学入門』筑摩書房, 2000年.
 原彬久編『国際関係学 講義(第4版)』有斐閣, 2011年.
 防衛大学校安全保障学研究会編『安全保障学入門』亜紀書房, 2003年.
 最上敏樹『国際機構論』東京大学出版会, 2006年.
 吉川直人・野口和彦編『国際関係理論 第2版』勁草書房, 2015年.

 なお、これらを読んでも試験対策にはならないので注意すること。これらは講義の土台ではなく、講義で扱ったテーマについてより詳しく知りたい学生のための補助的な教材である。試験に備えるには、毎回の授業に欠かさず出席することである。授業中は配布された学習用紙に重要事項を記入し、授業後はそれを見て講義の内容を復習するとよい。

成績評価方法  ・ 小テスト                     35点 x 2回 = 加点70
 ・ ミニ・レポート                6点 x 5回 = 加点30
 ・ 遅刻1回(午前と午後、開始時に出席をとる)  減点3
 ・ 欠席1回(半日以上の不在で欠席1回とする)  減点5
履修条件

なし

その他の注意  この集中講義は、7回で構成される。第3回(25日)と第7回(29日)に小テストを実施する。これらは5限までとして、小テストは最後の時間(5限)に実施する。第3回の最後に行われる小テストの出題範囲は、第1回から第3回までの授業内容に限定される。第7回の最後に行われる小テストの出題範囲は、第4回から第7回までの授業内容に限定される。他方、小テストがない第1~2, 4~6回は4限までとする。これらでは最後の時間(4限)に、当日の授業内容と関連したテーマについて、ミニ・レポートを書いてもらう。

 

テーマ 講義内容 授業時間外の学修活動 関連ページ
1 - パワー
- 人権・安全保障
- ジェンダー
- 国際社会で行使する「ハードパワー」「ソフトパワー」「モラルパワー」
- 従来の「国家安全保障」と、新しい「人間の安全保障」という視点
- フェミニズムの視点から見えてくる国際政治の問題
* ミニ・レポート課題「ジェンダー」
授業内容の復習
2 - 分析視点
- 理論の基礎
- 社会科学における4つの分析視点
- 国際政治で重要な3つの理論
* ミニ・レポート課題「4つの分析視点」
授業内容の復習
3 - 国際法
- ナショナリズム
- 領土紛争
- 国際政治の視点から理解する、国際法の特徴
- 北方領土、尖閣、竹島、南シナ海の領土紛争に共通する困難
* 小テスト
授業内容の復習
4 - 安全保障体制
- 東アジア地域の安全保障
- 国際社会の平和を維持する安全保障体制の類型
- 東アジア地域の事例研究から学ぶ、国際政治の研究スキル
* ミニ・レポート課題「研究スキルの活用」
授業内容の復習
5 - 国際政治の課題
- 国際機構
- 国際社会の公共財

- 国際政治の課題と、それに取り組むために設立される国際機構
- 国際社会の公共財に伴う集合行為のジレンマ

* ミニ・レポート課題「集合行為のジレンマ解決」

授業内容の復習
6 - 環境問題
- 非政府組織(NGO)
- 科学と国際政治
- 環境問題の特徴と、それに対する世界的な取り組み
- グローバル社会における非政府組織(NGO)の活躍
- 科学的な知識が国際政治の発展に与える影響
* ミニ・レポート課題「科学と国際政治」
授業内容の復習
7 - 国連の基礎知識
- 国連によるグローバル安全保障
- 国連改革
- 国連憲章に書いてあること、書いてないこと
- グローバル社会の安全保障に向けた国連の役割と、その限界
- 国連改革の気運
* 小テスト
授業内容の復習
8
9
10
11
12
13
14
15

 

Assignments Summary:

日付 詳細